排ガス浄化処理

ジェット洗浄プラントは、化学反応プロセス、製造棟、コンテナの脱気、およびタンク車の抜出しで発生した排気の浄化に最適です。

emission-process-exhaust-gas-cleaning-01

すべての湿式洗浄機と同様に、GEA のジェット洗浄プラントは洗浄液を循環させます。ただし、  これはエジェクタの原理に従って作動するため、圧力損失はありません。むしろ、ガス流の中で加圧されるため、換気装置を使う必要がなくなることがよくあります。

追加のパッキンやトレーが、微細洗浄用の逆流カラム洗浄機の分離器部に取り付けられています。特定の用途に応じて、ジェット洗浄機にいくつかの効果を持たせて設計したり、ベンチュリ洗浄機やエアロゾル分離器と 組み合わせることもできます。

純水、希釈酸または苛性アルカリ溶液が洗浄媒体として使用されます。これは、ハロゲン吸収にはスクラバが極めて適していることを意味しています (F2、Cl2、Br2、I2)、ハロゲン化水素 (HF、HCl、HBr、Hl)、硫黄化合物 (SO2、SO3、H2S)、アンモニア (NH3)、および低分子アルコール、カルボン酸、 アミン。

排ガスに含まれるただ一つの有毒物質の濃度が十分である場合は、排ガスから次の生産物を生成できる場合があります。 

  塩化水素ガスからの塩酸の生成

•  アンモニアからのアンモニア溶液の生成

  SO からの硫酸水素ナトリウムの生成2/SO3

  塩素からの塩素系漂白剤の生成

浄化する化学品の性質に応じて、金属ベースの材料(軟鋼、ステンレス鋼、合金または非鉄金属)、被覆鋼、熱可塑性物質またはガラス繊維強化プラスチックを使用してプラントを建設できます。