農薬の溶液結晶化

市場で好まれる農薬の形状は、固形剤では微粉、粉体または顆粒など、液体では濃縮懸濁液などです。GEA の溶液結晶化技術は、特に市場で求められる適切な純度レベルと適切なサイズの結晶を生成し、顧客の事業に付加価値を与えます。

肥料産業

SQM Chile

純度や粒径に関する農薬市場の要求を満たすために、GEA はあらゆる結晶化技術を提案しています。

農薬で使用される最も一般的な結晶化操作は、濃縮による結晶化、冷却による結晶化、および化学反応または平衡移動による結晶化です。

GEA は、1960 年代から蒸発や結晶化に関する広汎な専門性を適切な研究開発に結び付けて、革新的なソリューションを単肥産業に提供してきました。

その実績は、硫酸アンモニウム、塩化アンモニウム、硝酸アンモニウムおよび尿素の結晶化システムによる窒素肥料の製造に加え、カリ肥料産業での塩化カリウム、硫酸カリウム、および硝酸カリウムの製造まで網羅しています。

その実績には、新しい処理ルート(廃水からの副成物の回収など)や反応晶析(使用済み硫酸とアンモニアから硫酸アンモニウム顆粒を生成)が含まれています。

工業品質の単肥を製造する GEA プラントは、チリのアタカマ砂漠から欧州のシルビナイトやカーナライト鉱山、また、中東の死海からアジアや北米のカプロラクタムやメタクリル酸メチル製造設備にまで及んで、世界中に存在します。