外国産果物ジュースおよび従来の植物ベースの飲料

リンゴやオレンジといった、従来のフルーツ飲料の風味に代わるものを消費者がますます求めるようになり、マンゴー、ザクロ、パパイヤ、ライチ、グアバなどのフルーツを利用して、エキゾチックな香りのスムージーやジュースなどを生産する機会ができました。

レモンスライスの生産

オレンジジュースの消費減少の一方で、抗酸化物質に富んだ「スーパーフルーツ」から作られたココナッツウォーター、アロエやその他のジュースおよびイラクサやタンポポといった従来の植物をベースとする飲料の需要は高まりつつあります。 市場の変化によって新製品開発や製造プロセス開発が促進されました。 GEA はジュース飲料分野において、製造者が貴重な原材料の収率を増やし、品質を向上させ、技術革新を通してプロセスを最適化するための専門知識、実績、技術のポートフォリオを備えています。

果物および野菜の連続生産プロセスの専門家として、当社は高度な自動化、生産時間の短縮 (高速ジュース製造)、収率向上と生産コスト削減の両立、そして何よりも最高の製品品質を提供します。 貴社の生産の時間の効率化とコスト競争力の向上のためにどのようにしたら全体のプロセスを減少できるのか GEA にお尋ねください。

果物または野菜ジュースのプロセスに重要なのは、パイナップルやグアバ、あるいはイラクサやタンポポであっても、ジュース、果物の果肉および固体を分離する遠心分離技術の活用です。 果物を洗浄・粉砕した後、その処理をどのように管理するのかによって、お客様の仕様に従い、ジュースにどの程度のパルプを残すのかを調整するため、GEA の遠心分離デカンタとセパレータが使用されます。

タンポポやイラクサといった従来の薬草および野菜は、現代の調理および栄養学でのルネサンス期を経て、今では健康増進飲料または栄養補助飲料として利用されるようになりました。 GEA のセパレータとデカンタは、こういった有効成分を多く含んだジュースを穏やかに処理するのに適しています。