柑橘系ジュースについて

科学技術者やエンジニアは、柑橘系の果物から新製品を開発し、付加価値の高い原料の収穫量を増やし、品質を向上させ、従来のプロセスを自動化・最適化することに絶え間なく取り組んでいます。

レモンを用いた製品

生産の一連のプロセスでは、果実は洗浄、選別のあとエキストラクタと呼ばれる搾汁器へ送られます。 搾汁器から排出された果汁には、高比率でパルプが含まれますが、その後のプロセスで除去されます。 パルプフィニッシャでは、最初に荒いパルプセルを除去します。 ハイドロサイクロンで砂粒を除去したあと、さらに細かいパルプが分離されます。 製造目的により、取り除かれるパルプの量が変わります。

柑橘系果実の生産国では生産量の一部のみが必要であり、一般的に果汁は輸出用に濃縮されます。 濃縮はエバポレータで行われ、元の量の約 1/5 になるまで果汁から水分が取り除かれます。 消費国では濃縮果汁に所定比率の水分が加えられ、柑橘系ジュース、ネクターまたは柑橘系飲料として市場に出回ります。

プロセスラインを追加することで、付加価値の高い精油を得られます。 柑橘果実の皮は機械処理され、そこから貴重なオイルが取り出されます。 得られた油中水型 (W/O) エマルジョンは、2 段階遠心分離システムで分離され、澄んだ貴重な精油が最大限に産出されます。 このエーテル油は、食品、飲料、化粧品、製薬業界で人気のフレーバーかつフレグランスです。

GEA の機器を使用して生産できる他の副産物には、エバポレータから回収されるアロマ水、ピールジュース、ウォッシュドパルプ、ペクチンなどがあります。

GEA は多くの新プロセス開発にこれまで深く関与し、次のような技術と機器を提供できるようになりました。

• ハイドロサイクロン
• 遠心分離器
• 殺菌装置
• エバポレータ
• クロスフロー膜ろ過機
• 充填ライン
• 包装機器