Predictive Maintenance

包括的なサービスによるメンテナンス

予防保全ツールはプラントの運用、安全性、製品品質の改善や、ダウンタイムの最小化による機械の耐用年数の拡大と利益率を高めるために、ますます利用されています。

信頼性中心保全 (RCM) は一定の動作条件下で部品を維持する上で必要なメンテナンスを特定し、優先順位を設定できることから、お客様の優先事項として導入される傾向にあります。

GEA では、最大のプロセス効率と予算管理を用いてプラントの可用性を最大化するために、こうした新しい要件に対応するサービスを提供しています。状態の監視、メンテナンス、修理や、アップグレード、近代化、カスタマートレーニングのモジュールなど、当社の個別および組み合わせ可能なサービスモジュールは、プラントライフサイクルの各段階で生産条件が変更されても追加費用を発生させずに調整できます。つまり、差し迫ったサービスアクションでも適切に計画することが可能であり、潜在的なダウンタイムが最適化できることを意味します。

お客様のメリット

  • ライフサイクルの各段階における個別および組み合わせ可能なサービスモジュール
  • 要求対応型、カスタマイズ型、適応型
  • 総コスト管理と予算のセキュリティ
  • プラントの可用性を最大化
  • 最適化されたプラント性能
  • 投資価値の保持期間を最適化

サービスレベル契約 - コストトラップがない柔軟なサービス

適切なサービスコンセプトは、優れた機械とはまったく別のことを意味します。装置の長いライフサイクルという利点を提供するために、GEA は開始直後からのコストトラップを避けることを目標としてコンセプトを発展させました。これは主に、可用性と絶対的な価格管理という 2 点を重視したサービスパッケージが支柱となっています。これにより、お客様は自社のコアコンピテンスにより一層集中していただけます。装置の点検、メンテナンス、状態の監視は GEA の専門家にお任せください。

お客様のメリット

;

  • 機械の高い可用性
  • 停止状態の短縮による生産性の向上
  • 機械の運転の最適化
  • 最大限信頼できるプランニング
  • 迅速な応答時間